ベトナム産ローヤルゼリーの効力

ベトナム産ローヤルゼリーの効力

ミツバチが女王蜂のために作るローヤルゼリーは、1つの巣からわずかの量しか採れない貴重なものです。
ローヤルゼリーは1つの巣からほとんど採れない希少なものです。
最近になり人工王台と呼ばれる専用道具を使って人工的に採取するという方法が考案され一般的になりました。
それでも採取できる量はローヤルゼリーの人気の高さから需要に追い付かず、日本で流通しているローヤルゼリーのほとんどは輸入に頼っている状態であるといえます。
ローヤルゼリーは中国や台湾のものが多いですが、ベトナム産も輸入されています。

現在日本で流通している商品のほとんどは輸入されたもので、養蜂が盛んな中国や台湾などからの輸入が多いです。
その他にも東南アジアのベトナム産があります。
ベトナムは旅行の定番のお土産としてハチミツ製品があるほど養蜂が盛んな国ですが、どういった特徴があるのでしょうか。

ベトナムは、約3200キロメートルもの海岸線を有している、東南アジアのインドシナ半島の東側にある南北に細長い国で、日本と同じく南と北ではかなり気候が違います。
ベトナムには多くの川が流れ、海へと流れる河口沿いや、島の海岸沿いに土が堆積することによって、マングローブの豊かな林が広がっています。
このマングローブの林には、植物そして動物の多彩な生態系がはぐくまれ、人々は豊かな自然によってもたらされる様々な恵みで生活をしています。

花や樹木の液を集めるミツバチの巣から採取できるハチミツもそのひとつです。
ミツバチはマングローブの林に生息することで、樹々の受粉を行うという共存の関係にあることから、多くのミツバチがいます。

ベトナムのもっとも南側の、メコンデルタと呼ばれるメコン川の河口付近の中州の島エリアでは、養蜂が産業となっています。
そして、養蜂場にミツバチの巣がたくさん並んでいる様子は、観光名所ともなっており、ミツバチの巣から採れたハチミツやローヤルゼリーの販売が行われています。
また街中のカフェでは、ハチミツを使ったお茶などのメニューが提供されて現地では、名物になっています。

ベトナムにはいまだに手つかずの自然も多くあり、養蜂された巣ではなく、天然の巣から純粋なローヤルゼリーも採れることから、今注目の原産地となっています。
このようにローヤルゼリーが沢山摂れる場所もあるので、購入時は原産地も気にしましょう。