ローヤルゼリーは花粉症にも効く

ローヤルゼリーは花粉症にも効く

毎年冬が終わりに近づき、気温が上がり春が近づくと、ニュースや雑誌などで必ず取り上げられるのが空気中に舞っているスギ花粉の状況です。
多くの人が悩んでいる花粉症はどういったメカニズムで起こるのでしょうか。
またローヤルゼリーを摂取することで花粉症にどのような効果をもたらすのでしょうか。

春先になると花粉のアレルギーのいろいろな症状に悩む人はとても多いと思います。
特にスギ花粉に対するアレルギーとなる人がもっとも多く、その患者数も年々増加しているといわれています。

花粉が多く舞う時期には、花粉を吸い込むことによって鼻の粘膜にある抗体が反応して、ヒスタミンという物質が生成されることによって起こります。
くしゃみや鼻水や鼻づまりや目のかゆみなどの症状が現れ、仕事などに深刻な影響が及ぶこともあります。

アレルギーが起こる原因やメカニズムはいまだ解明されていない部分もありますが、ある日突然発症するといわれています。
たとえるとアレルギーになる物質に耐えられるコップの容量がいっぱいになり、あふれだしてしまうようなものです
そのため現在は花粉アレルギーの症状がなくても来年は発症することも十分考えられます。

花粉症の症状を緩和したり、治療のためにはいろいろな方法があります。
各種の症状を抑えるための抗アレルギー薬や、鼻水などを抑える血管を収縮される薬などの他、粘膜をレーザーで焼くといった治療方法などがあります。
花粉症の症状を抑える方法ひとつとして、栄養が豊富なことで知られているローヤルゼリーを摂取することがあります。
ローヤルゼリーに含まれている物質のひとつにアセチルコリンという物質があります。

アセチルコリンは副交感神経に作用し、自律神経のはたらきをコントロールするというはたらきがあります。
めまいや頭痛など自律神経の乱れから起こる症状を緩和するほか、花粉に反応して起こる鼻水などの症状をやわらげる効果があるともいわれています。