ローヤルゼリーで体臭改善

ローヤルゼリーで体臭改善

スポーツをたくさん楽しんだり身体を使った仕事をしたり、蒸し暑い季節になると汗をかく機会が増えます。
汗をたくさんかくと、やはり気になるのは自分自身から発せられる体臭です。
身体に良い栄養食品のひとつであるローヤルゼリーを摂取することで体臭が抑えることができるといわれています。
どのような効果があるのでしょうか。

電車の中など密閉した空間や、人と人の距離が近い場所やオフィスなどで他の人の臭いが気になるということも多いと思います。
また場合によっては、他の人の体臭が強いストレスになることもあります。

自分自身の臭いには慣れているために、他の人にどう思われているのかというのは客観的に分かりづらく、親しい友人の間でもデリケートな問題であるため、なかなか伝えづらい問題です。
家族など気が置けない間柄の人に指摘してもらって初めてわかることもあります。

体臭をなくしたり薄くしたりするためにはいろいろな方法がありますが、その中でローヤルゼリーが含まれる食品や、石鹸などを使って体臭を抑える方法があります。

ローヤルゼリーは豊富な栄養が含まれていることで、古くから身体に良い効果があることが知られている、ミツバチから採れる希少な物質です。
多くの種類のアミノ酸やミネラル、ビタミン類が含まれています。

その中のひとつであるグルコン酸という物質は、腸の環境を整える作用があるということが分かっています。
グルコン酸は腸の中の善玉菌として知られているビフィズス菌を増やすはたらきがあります。

腸の中に存在している細菌は常在菌とも呼ばれ数百種類もあります。
常在菌は善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌という3つの種類に分けられ、それぞれの役割を持っています。
この3つの細菌のバランス良く保たれている状態が、腸内環境が良い状態ということです。
腸内環境が悪くなり悪玉菌が多くなると、摂取した食べ物が腸で悪玉菌によって、アンモニア、硫化水素、インドールなどといった、有害な物質を生み出します。
有害な物質は悪臭の原因で、血液に乗って身体中に回り、汗となって体外に出ることによって体臭になります。

そのことからビフィズス菌が増えることによって、善玉菌が増えて腸内環境が良くなり、有害な物質の発生が抑えられ、体臭の原因がなくなるのです。

ローヤルゼリーは他の食品と比べて、グルコン酸の含有量がとても多いことから、栄養食品などで積極的に摂取することで体臭を抑えることができるといえます。