ローヤルゼリーとペプチドの関係性

ローヤルゼリーとペプチドの関係性

ミツバチは1つの巣の中に時期によって変わるとはいわれていますが、だいたい数千匹から数万匹が暮らしています。
そのうちの大半である95パーセント以上がメスの働き蜂で占められています。
そして残りの数パーセントがオスの蜂で、あとはたった1匹の女王蜂が君臨するというかたちになっています。

働き蜂は女王蜂と産まれた卵や幼虫の世話をしたり、エサとなる樹液などを集めてきたりかいがいしく動き回っています。
女王蜂はもとは同じメスのミツバチですが、特別なゼリーであるローヤルゼリーを食べることで女王蜂として育てられます。

ローヤルゼリーはまるで王冠のような殻の王台と呼ばれる専用の部屋で、落花生の殻のようなものに入っているとろみがあるクリーム色の物質です。
産まれたばかりの働き蜂が花の蜜や花粉などを集め体内でいったん消化し、そして自分自身の唾液などを混ぜて作られたものです。
同じミツバチが作るハチミツとはまったく違っています。

栄養豊富な食品であることから、健康にとって良いことで知られているローヤルゼリーですが、1つの巣から採れる量はとても少なく、2日から3日ほどかけて0.5グラム程度しか作られません。
そのため養蜂家たちはローヤルゼリーを採るために人工的な王台を作りだすことによって、集めています。

ローヤルゼリーはビタミンやミネラルがバランスよく含まれており、ローヤルゼリーにしか含まれていないといわれているヒドロキシデセン酸という物質など50種類以上が含まれています。
身体へのさまざまな良い効果に注目して、ドリンクやサプリメントなどいろいろな栄養食品などに加工されています。

中でもたんぱく質が小さく分解された状態で作られたペプチドタイプと呼ばれるタイプの食品は、体内で吸収や分解されやすくなります。
小さくなっているペプチドは効率よく摂取することができ、血管に乗って身体のすみずみまで行き渡りやすくなっています。
そのため、より体内で吸収しやすい状態で摂取することができます。